ウーマン

肌のくすみをサッパリ消し去りましょう|憧れの美白

コンプレックスのない肌へ

クリーム

肌の状態を知る

年齢があがるにつれ、ハリがなくなってきた、シミやシワが増えてきたなど、肌のお悩みを感じる女性は少なくありません。肌トラブルの中でも、頑固な悩みの一つにニキビ跡があります。ニキビ跡は、肌の炎症や傷がもとでシミの状態になってしまったもののことです。十代の頃には、しょっちゅうニキビができて困っていたけど、ニキビ跡にはならなかった。なのに、二十代後半を過ぎて、たまに出来たニキビや吹き出物は治るのにも時間がかかるし、ずっと跡になって残っている、ということがあります。これはお肌の衰えとともに、肌の再生機能が低下していくからなのです。メカニズムを知り、肌の再生機能を活発化させれば、頑固なニキビ跡を目立たなくさせることができるのです。

肌状態の改善方法

ニキビ跡にもいくつか種類があります。赤みが目立つもの、茶色くシミ状の残ったもの、肌に小さな凹凸のできたクレーター状のものなどです。赤みは肌の炎症なので、その炎症を抑えられれば赤みは随分目立たなくなります。炎症を抑えるのに効果があるとされる、ビタミンC配合の化粧水をとりいれましょう。茶色いシミ状のものは、古い角質が残っている状態なので、ピーリングが効果的です。その他、皮膚の再生ホルモンが分泌される睡眠は充分にとる。肌の再生を促すと言われるたんぱく質を摂取する。シミの原因になる色素沈着を防ぐために、紫外線対策をするなど、できることがあります。凹凸のある跡は、自己ケアが難しいと言われます。それでも、ピーリングで古い角質を落とし、ニキビ跡専用のお手入れをして、生活習慣に気をつけてみると、予想以上の効果が現れるかもしれません。